日本のオンラインカジノは違法なのか?

ギャンブルとは何か? 日本の場合、ギャンブルはどうなっているのか? 日本居住者向けのカジノサイトでプレイできるか? 日本のギャンブルにおける重要な出来事や法律行為とは? ここでは、これらの点についてご説明し、その他の情報をご紹介します。

日本におけるギャンブルの歴史

日本は、ゲームの歴史が武士や将軍よりも古いものです。既存の記録によると、日本におけるゲームの歴史は7世紀に遡っています。日本の最初のギャンブルゲームの言及は、奈良時代に成立した日本の歴史書の日本書紀にあります。日本の最初のゲームは、西海のバックギャモンに非常によく似たボードゲームであるバンすごろくでした。このゲームは、クジラ海を通って日本に到達しました。しかし、その後、持統天皇がこのゲームを禁止しました。これは、日本及びその他の国において、初のゲーム規制になります。しかし、日本人は特に平安時代(794年~1185年)の日本の首都であった京都を中心に、乱暴なプレーを続けました。日本人は闘鶏、競馬、クリケット、その他の豪華な競技に賭けていました。ゲームが発展すると同時に、博徒が登場しました。それがきっかけに、1225年~1284年の間に、ギャンブルを禁止する新しい法律が導入されました。

現代のギャンブル

トト

トトには3つの種類があります。

  1. 日本の各スポーツ用のトト

    2019年の結果

    一等が82,842本!

  2. 日本の各スポーツ用のミニトト

    2019年の結果

    一等が205,597本!

  3. 日本の各スポーツ用のトトゴール

    2019年の結果

    一等が21,025本!

宝くじ

刑法第187条により、日本にいながら、オンラインで海外の宝くじを購入する行為は禁じられています。同条は以下の通りです。

富くじ発売の取次ぎをした者は、1年以下の懲役又は100万円以下の罰金に処する。
前2項に規定するもののほか、富くじを授受した者は、20万円以下の罰金又は科料に処する。
つまり、オンライン上の宝くじブローカーは全て違法であり、これらのブローカーからの宝くじ授受も法律で禁止されています。

抽選の種類:

  • 宝くじには、大きく分けて3つの方法があります。
  • オープニング抽選:当選発表後、1,000〜10億円を受け取る可能性があります。
  • スクラッチカード抽選:1984年から始始まった抽選方法です。
  • 数字選択式くじ:最大80億円を獲得できます。

控除率は、賭け金に対してどのくらいの手数料が取られるかという割合を示します。日本の場合、ほとんどの宝くじの控除率は50%未満です。

スポーツくじとレース

ベッティングサイトは実際に日本に位置していません。
海外のオンラインブックメーカーのウェブサイトを使用したことで日本で逮捕されたプレーヤーはいません。

レーシング
これには競馬、自転車レース、ボートレースが含まれます。

パチンコとパチスロ

パチンコは公式にはギャンブルとは見なされていませんが、プレーヤーはパチンコパーラーの近くの窓口で現金以外の賞金を現金に変換できます。

パンチコゲームは日本のGDP(グローバル預託証券)の4%を占め、信じられないほど約22万3,604円に達しています(2018年の情報による)

パチンコはギャンブルの一種でもありながら、スキルを必要とするゲームであるため人気を博しました。

パチンコはチャンスを試すゲームです。必要なのは

  • スキル
  • 練習
  • 幸運
  • マシンのペグは、マシンが頻繁に支払いを行う場合、週に1回またはそれ以前に変更さ れ

ます。 現在、日本では12,910室に5,125,500台のマシン(パチンコ・パチスロ)があります。 つまり、25人の住民ごとに1台のマシンが存在するということです。ギャンブルキャピタルが提供するデータによると、2018年には、パチンコとパチスロのみのゲームは2 055 110 940 500円の収益を生み出しました。

ランドカジノ

2018年以降、カジノオペレーターは、大阪、東京、横浜を含む日本で統合されたカジノリゾートを運営するための3つの法的ライセンスを入札しています。

証券会社CLSAは2月のレポートで、大阪、沖縄、東京で三つのカジノプロジェクトがオープンする場合、2025年までに日本のカジノ市場は4兆3,075億5,976万円に達すると予測しました。

オンラインカジノ

日本の成人年齢は18歳ですが、ギャンブルすることができるのは20歳からです。20歳未満の場合、パチンコを除いて上記のギャンブルに参加することはできません。パチンコの場合、18歳でもプレイできます。

日本政府は、オンラインギャンブルを禁止し、日本のギャンブルオペレーターのサイトをブロックしています。 ただし、外国のプラットフォームは、ライセンスがなくても自由に機能します。 その理由は日本政府は気にしていないか、あるいは禁止することができないからです。

統合型リゾート(IR)推進法及びIR実施法は、それぞれ2016年及び2018年に実行されました。 同法案に基づき、IR内でランドベースの形式でライセンスされたカジノ事業者によって行われるゲーム活動は合法化されます。 その一方、オンラインゲーム活動はまだ禁止されています。 競馬、自転車レース、オートバイレース、モーターボートレース、宝くじへの賭けは、民間事業者のみが運営し、土地ベースの形式でのみ行われます。ただし、そのようなレースへの賭けや宝くじの購入は、 インターネットを通して行うことも可能です。 ソーシャル/スキルゲームをデジタル形式またはランドベースの形式で具体的に規制する法律はありません。

2018年*の推定オンラインゲーム市場規模

日本:5,333億円

推定オンラインゲーム市場規模近年*
規制状況
400億円
グレーマーケット、曖昧 な規制フレームワーク。 ただし、規制は検討中
2,668億円
グレーマーケット
2,933億円
グレーマーケット。スポーツベ ッティングに関する規制は検討中。 eゲームに関する規制も曖昧
400億円
グレーマーケット
5,333億円
グレーマーケット
800億円
>国際カジノオペレーターの支払 いへの送金をブロックするグレ ーマーケット
466億6,666万円
グレーマーケット

グレー規制フレームワークとは?

グレー規制フレームワークとは不明確な規制のフレームワークです。
グレー市場にはドイツ、多くの大規模なアジア経済(中国、日本)が入ります。 ヨーロッパのグレーマーケット(ドイツ、オーストリア、東ヨーロッパなど)では、企業は通常、マルタで発行されたスポーツ賭博およびゲームライセンスを通じて運営されています。 EU法では、オンラインゲームとスポーツ賭博がそれぞれの加盟国で合法である限り、EU内での移動の自由のため、これらのライセンスはすべてのEU加盟国で有効です。 一部の市場(ポーランドやフィンランドなど)では、多くのオペレーターがIPのブロックまたは支払いのブロックの対象になっていますが、これは一般にEU法の違反と見なされます。